フル GAPS 食事療法

代表的な献立例

朝起きたらまず、レモンの薄切り1枚を加えた炭酸水でないミネラルウォーターか濾過水をグラス1杯飲みます。冷水でも白湯でもどちらでも構いません。

ジューサーがあれば、患者が朝起きたらすぐに、水で薄めたグラス1杯の絞りたてフルーツ/野菜ジュースを飲ませましょう。

起 床時に飲むジュースとしてお勧めなのは、リンゴ40%、ニンジン50%、ビーツ10%(もちろん全て生の物です)のミックスです。使う野菜や果物は何でも 構いませんが、通常は、半分を健康に良い野菜、残りの半分を、味を美味しくするための好きなフルーツにすると良いでしょう。健康に良い材料とは、ニンジ ン、ビーツ少量(全体の5〜10%以上にならないように)、セロリ、キャベツ、レタス、緑の葉野菜(ホウレンソウ、パセリ、ディル、バジル、生のネトルの 葉、ビーツの葉、ニンジンの葉)、緑キャベツか赤キャベツです。味を調えるためのフルーツはパイナップル、リンゴ、オレンジ、グレープフルーツ、ブドウ、 マンゴーなどを使うと良いでしょう。ジュースはそのまま飲むか、ヨーグルトを加えて、または水で薄めて飲みましょう。

私 達の身体は24時間のうちに、活動、休息、摂食、清掃(解毒)を行うようになっていて、このサイクルを毎日繰り返しています。午前4時頃から午前10時頃 までは、私達の身体は清掃・解毒モードに入ります。この時間帯に水や絞りたてのジュースを飲むと、清掃と解毒が促進されます。逆にこの時間帯に沢山食べる と、解毒が阻害されます。朝起きてすぐに空腹感を感じない人が多いのはこのためです。朝食は、身体が解毒を完了し、食べ物を摂取する準備ができる午前10 時頃に食べるのが良いでしょう。この時間になると大抵空腹感を感じ始めます。子供の身体は、大人よりも早い時間に朝食を食べる準備ができる場合もありま す。

朝食の選択肢

典型的な イギリスの朝食メニューです。つまり、好みの方法で調理した卵とソーセージ、野菜(加熱調理した物と生のサラダの両方。サラダに使う野菜はトマト、キュウ リ、タマネギ、セロリ、新鮮なサラダ用葉野菜など)、アボカド、肉を食べます。卵は、卵黄は生で、卵白には火が通っている状態がベストです。サラダと卵に は、コールドプレスのオリーブオイルをドレッシングとしてたっぷりかけましょう。水に浸けた、または発芽させたヒマワリの種、ゴマ、カボチャの種を大さじ 1杯、サラダに加えます。ソーセージは混じり気がなく、脂肪分の多いミンチ肉と、塩コショウのみで作った物を選んでください。市販の調味料やグルタミン酸 ナトリウム(Monosodium Glutamate、いわゆるアミノ酸調味料)が入っている物は絶対に食べないでください。お住まいの地域で、注文に応じて混じり気のないソーセージを作 れる肉屋を探すのがお勧めです。

アボカドを添えた肉、魚、貝料理、生野菜と加熱調理した野菜の両方、レモンとコールドプレスのオリーブオイル。カップ1杯の温めたミートストックを食事に添えます。

ナッ ツ粉で作ったパンケーキ。バターとハチミツをかけるととても美味しいですし、何もかけず甘みがなくても美味です。生か解凍したベリー類をハチミツと共にミ キサーにかけると、このパンケーキにぴったりのジャムが出来上がります。薄く入れてレモンを加えた紅茶、ショウガ茶、ミントティーを添えます。

GAPS用自家製焼き菓子(自家製パン、マフィン、フルーツケーキ)。

昼食の選択肢

自家製ミートストックで作った手作り野菜スープかシチュー。

アボカドを添えた肉、魚、貝料理と野菜(加熱調理した物か生の物)。オリーブオイルと絞りたてのレモン果汁をドレッシングとしてかけましょう。飲み物として、温めたカップ1杯の自家製ミートストックを添えます。

野菜を添えた肉または魚料理。

夕食の選択肢

朝食か昼食で紹介した料理から選んでください。

本には豊富なレシピが記載されています。既にお持ちのレシピをGAPS用にアレンジしても良いでしょう。